かごのなか おかいもの方法 おといあわせ サイトマップ
RSS
 

ごあいさつ

仕事も子育ても一段落し、ふと立ち止まってみると、子供のころから当たり前のように身の回りに置かれていたそれらがなぜかとても心にかかりました。それは当時80歳になる母が、忙しい家業の合間に子や孫のために縫い続けてくれた、綿入のはんてんやちゃんちゃんこでした。
成長にあわせタイミングよく縫い上げてくれるそれらの一針一針に、家族みんなの健康と健やかな成長を願う、母の愛情がいっぱいこめらていました。そしてそこには、明治・大正・昭和へと受け継がれた確かな女の手仕事がありました。生活スタイルの洋風化と、利潤追求ばかりの消費社会の中で、大切なものを失おうとしていることに気づかされた
思いでした。

母の生きた時代を何かの形で伝えたいという思いから、1999年教室と工房を始めました。綿入れはんてんを通して、和裁の技はもちろん、忘れてはならない大切な心も一緒に、次世代へ伝えていければと願っております。

工房主宰 木村壽子 

綿入れって?

表地と裏地の間に綿が履いた、昔ながらの防寒着です。地方によって型や呼び方は様々ですが、袖のあるものを”はんてん”、袖がないものを”ちゃんちゃんこ”“袖無し”などとよびます。中綿には、主にもめん綿と真綿(絹)、または化繊綿が入っています。



大事にしていること
・ふっくらと優しくし上がる手縫いにこだわっています。手 間はかかりますが、和裁ならではの工夫や技術も大事にし ていきたいと考えています。(一部商品はミシンも併用)
・生地には、わたと相性の良い綿織物を使用しています。会 津木綿、三河木綿、久留米絣など、日本の伝統織物の風合 いをぜひ味わてみて下さい。
・主に100%の木綿わたでお仕立てしています。身体に馴染
 み着心地が良いのと、天然素材が人にも環境にも優しいと
 思うからです。


ページトップへ